- 未分類

弁護士なら相場を把握

不倫によって払うもしくは受け取る慰謝料の話し合いは基本的に本人同士の話し合いによって決められるものですが、お互いに感情が出てしまう話し合いになるため、当事者同士の話し合いではうまく話がまとまらないことも多いものです。そのため、慰謝料の話し合いをおこなう場合には間に第三者を入れたほうがスムーズと言われています。

お金そして、この第三者に関して弁護士は適任とも言われています。弁護士の場合、話し合った内容を書面に残してくれますし、それが履行されない場合にも即座に対応をとってもらえますのでありがたいものです。さらに、弁護士はこれまでに慰謝料の話し合いを多数おこなっていますので、相場に関しても詳しいです。それぞれの事情に応じて相場も変わってきますが、おおまかに100万円から300万円がひとつの相場とも言われています。

そのため、こうした相場の範囲内で慰謝料をおさめておきたいと考えているのであれば、弁護士の介入は不可欠とも言われています。話し合いがうまくいかない場合には、裁判などとなってしまいますが、そのような大事にしてしまえば、何かと不都合が生じてしまうこととなりますので、そのような事態になる前に不倫による慰謝料請求について詳しい弁護士に相談してみましょう。

Pocket

- 未分類

相場以上も以下も損失

弁護士不倫はいけないこととわかりつつも、今も多くの人がこうした行為に走ってしまいます。そのため、不倫をした結果、慰謝料を請求された経験がある方も、不倫をされてしまって慰謝料を請求した経験がある方も、世の中には多数存在しています。そして、これだけ多くの方が経験済みの行為だからこそ、すでに慰謝料には相場が存在しています。

受け取る側の立場で考えれば相場である金額よりも低い金額で手を打ってしまえば損ですし、払う側の立場で考えれば相場よりも高額な金額を支払ってしまえば損ということになります。そのため、慰謝料を受け取るのか払うのかという立場の違いはあれど、いずれのケースにおいても慰謝料の相場に関しては把握しておくべきです。

基本は当事者同士の話し合いによって決まるものではありますが、相場を知った上で話し合うのと何も知らずに話し合うのでは結果は大違いです。一度決めてしまってから相場を知ったとしても、そのタイミングになってから金額を変更しようと思ってもそれは難しいため、話し合いをおこなう前に相場を把握しておきましょう。また、相場がわからない、自分で交渉する自信がないというような場合には弁護士も重要な存在になります。

Pocket

- 未分類

不倫時の慰謝料の相場

唇夫婦関係が円満であれば何も問題はありませんが、長年にわたる夫婦関係の中には様々なトラブルが生じてしまうこともあります。そのひとつが夫婦のどちらかが不倫に走ってしまう行為です。事情は人それぞれでしょうが、不倫の代償のひとつとして知られるのが慰謝料です。たとえば奥さんが夫以外の男性と不倫をしてしまえば、奥さんが夫に対して慰謝料を払うこととなりますし、夫が妻以外の女性と不倫をした場合も同様です。

さらに、自分が独身者であっても相手が妻帯者だとわかっていながら不倫関係を持てば、不倫相手である人も慰謝料を請求される可能性があるのです。このように不倫という行為の結末には慰謝料がかかわってくることがあるのですが、多くの人は慰謝料というものの存在は知っていてもその相場などは知らないものです。しかし、相場を知らなければ請求することもできませんし、逆に払う側の立場であってもその金額が適正なものかどうかわからないままに相手の言いなりになって支払うこととなります。

感情に任せて相場以上の高額なお金を請求されてしまえば、それはそれで大変なことです。自分がおこなった行為とはいえ、できれば安く収めたいという人も多いはずです。だからこそ、不倫の慰謝料に関しては相場を知っておくことも大切です。受け取る側にとっても適正なお金を受け取っておくべきですから、不倫や慰謝料というワードを知る上では、相場の数字に関しても把握しておきましょう。

Pocket